やだんこ!

共通点があったりなかったりする者同士で更新するWeb同人誌です

イヤリング自慢大会

こんにちは、きのこです。

 

いきなりですが、わたしはイヤリングを集めています。

イヤリングは、耳たぶという、やけどしてあちってなったときに触る以外の役割がない部位に華を持たせてくれているところがいいなあと思います。

あとつけるだけでおしゃれになれるのも便利です。おしゃれになるまでわずか数秒。お化粧とか爪とかは手間がかかるけれど(私感です)イヤリングは、えいっ、でいいので簡単です。

 

どのくらいイヤリングを持っているのだろうと今数えてみたら100組ありました。

コレクションとしては全然少ないのですが、大半を無職のころに買い揃えたということを鑑みるとすごいと思いませんか? イヤリングより職探せよ! ってなりませんか? ね? なるでしょ?

 

ということで、きょうはわたしの持っているイヤリングをただただ自慢しようと思います。

画像が大きすぎたり小さすぎたりするかもしれませんが、わたしは電脳的なものにからきし弱いので、どうにもできません。あきらめてください。

 

さっそくいきます。

 

●ひとつめ●

f:id:lkinako:20180803215646j:image

目の形のイヤリングです。どこで買ったのかは忘れましたが、ミンネかもしれません(ミンネというのはクリエイターが自らの創作物を販売するサイトです)。

青い部分が目になっています。その下の赤い部分はわたしはビームだと思っていたのですが、この間友人に見せたら「目血(めぢ)」ではないかと言われて、そうかもしれないという気がしてきました。

ビームは横向きに出るものですもんね。下向きに出るのは目血です。だからこれは目血イヤリングです。

 

●ふたつめ●

f:id:lkinako:20180803220329j:image

立体みたいな図形なのに立体じゃないイヤリングです。こうやって置いてある状態だとわかりにくいと思うのですが、

f:id:lkinako:20180803220417j:image

持ち上げるとなんか立体っぽく見えるのです。耳につけると揺れるたびに立体なのか立体じゃないのか不思議な感じがする錯視イヤリングです。

 

●みっつめ●

f:id:lkinako:20180803220618j:image

もぐもぐ、です。

これは針金アクセサリー作家のikiさんという方の作品で、手作業で針金を曲げて作られています。完成度高いと思いませんか。

わたしはikiさんのイヤリングがすきでいくつか持っているのですが、つめをぬるひとさん(というつけ爪アーティストの方)とコラボした作品がとても好きです。

f:id:lkinako:20180803221226j:image

つまんだ形の指先につけ爪がぶらさがっているというものです。つけ爪に書いてある文字は、

f:id:lkinako:20180803221354j:image

泡状 と スキャン です。

意味はわかりません。

 

●よっつめ●

わたしは食品サンプルも好きなのですが、その流れで買ったイヤリングを紹介します。

f:id:lkinako:20180803221503j:image

おせちです。

すんごい精巧にできていて素晴らしいのですが、このイヤリングにはひとつ難点があります。

正月しかつけられないことです。

 

 

以上、ちょこっとですが紹介でした。わたしはハンドメイド系のイヤリングが好きで、だいたい展示とかハンドメイドサイトとかで買うのですが、このあいだGUにいったらごりごりにかっこいいイヤリングが非常に安価で売っていて、えっこれいいじゃんと思いました。いろんなところによいものというのはありますね。アンテナはっていかなきゃなと思います。

 

みんなもおいでよ!イヤリングの世界! まったねー!

 

(きのこ)

 

 

アンナチュラルを観たらリーガル・ハイについて語りたくなった日記

いまさらながら観ました、アンナチュラル。

話題になってた頃から気になってはいたけど、ようやく観た。

ものすごく面白い。

いまわたしは石原さとみになりたい最盛期です。

 

そんなわけで、これはすごいドラマだ……と感動していたら、

なぜか自分史上いちばん好きなドラマ、リーガル・ハイについて語りたくなりました。

 

なんでそうなったのか、理屈ではよくわかりません。

とりあえず書いてみます。

 

なんといっても堺雅人演じる主人公、古美門研介がいいのです。

金のためならなんでもする悪徳弁護士で、

有能で負け知らずではあるけれど、美女が大好きで他人に厳しく、かなりの人格破綻者。

いざ裁判に負けそうになるとパニックになって法廷から逃げ出す始末。

かっこよさ、どこいった? と思わせてくれる弁護士です。

 

そんな主人公のなにがいいって、

実はいいひと、本当は優しい、こうならざるをえなかった過去がある……

とかそういう描写がほぼほぼないところなんです。

 

父親が厳しくて云々……みたいな設定はでてくるけれど、

そもそも小学生低学年のころから口達者で生意気なキャラだったようだし、

たまに愛嬌は見せるけど、どこまでいっても人格破綻者。

 

現実にいたら確実に近寄りたくはないんだけれど、

わたしはこういうひとが主人公のドラマを観るといつも安心します。

 

そして、主人公がこんななので物語もなかなかぶっとんでます。


正義を信じる弁護士新垣結衣を朝ドラヒロインが!! とネタにしつづけたり。

美醜とか田舎とか老人に関して、その表現大丈夫?! 怒られない?! とハラハラしたり。


わたしはゴールデンタイムのドラマで、朝ドラを真正面から馬鹿にする作品を初めて観ました。

 

きわめつけはドラマの終盤、大きな裁判の見せ場で、

古美門研介がこれまで弁護してきた人たちの事例をだし、

「なんて身勝手なひとたちなんだ!」

みたいなことを言い放つシーンがあり、

そこで鳥肌がたつような感動を覚えたものです。

 

おまえ、あんな全力で守ってきた人たちに対してそれいっちゃう?!

と思いながらも、


まぁ、そうだよな

どんな人間のどんな言動も、

視点や立場を変えれば悪意にも善意にもなるんだよなぁ


としみじみしました。


そんなあれこれのおかげなのか、

「良い悪い、正しい間違ってるなんてどこにもなくて、人それぞれの生き方があるだけ」

みたいなものがテーマの一つとして描かれているように感じとり、

そこにもすごく安心したのでした。

 

たぶんよくわからない懐の深さに安心したんでしょうね。

いろんなものを押し付けられ、じぶんも他人に押し付けてしまう人生で、

まぁなんでもいいじゃん

とドラマを通して言ってくれていたような気がして。

 

あとはまぁ堺雅人が大好き!

ということも大前提にあります。はい。

 

そんなわけで、やっぱり好きなドラマはDVDが手元にあったほうがいいかもなぁ、

と思い、Amazonにらめっこです。

 

アンナチュラルもDVDがでたみたいですね。

お金のかかる夏でございます。

 

みなさま熱中症にお気をつけて。

 

 (紬)

フリホーレスレフリトスが食べたい、の巻

いや、あっついですね。

みなさんお元気ですか。紬はポカリとお友達です。熱中症には気をつけたいところですね。 

 

ところでフリホーレスレフリトス、というペーストをご存知でしょうか。

メキシコ料理についてくる、あんこみたいな見た目の豆のペーストです。

 

ほんのちょっとだけカナダに留学していたことがあるんですが、

ホームステイしていたおうちのルームメイトがパナマ出身で、

しょっちゅうみんなでメキシコ料理屋に足を運んでおりました。

 

日本でもよく見る定番のメニューに(日本の数倍はうまい)、

高確率でついてくるあんこみたいなペースト。

あまりに頻度が高かったせいで、

逆に「これはなに?」と聞くこともせず、もぐもぐしていわけです。

 

味は……甘くないあんこみたいな、

説明しようのない味なんですが、

なんかクセになりました。

 

カナダから帰ってきてはや数年、

事あるごとに思い出していた正体不明のあんこペースト。

 

美しい大自然の景色とともに、

もう手の届かないものとして思いを馳せていたのですが、

「いや、検索すればいいのでは…?」

と今さっき思い立ち、名前を知りました。

その名もフリホーレスレフリトス。

覚えづらく、言いづらい。

 

なぜいま、とみなさんお思いかもしれません。

過去はいつでも美しい、と申しますが、

ことに留学の記憶というのは時が経てば経つほどきらめくもので、

現実と交差させたくなくなってくるんですよね。

 

あんこペーストもあんこペーストのまま思い出に浸っていたかった……。

というのがいま思いついた言い訳です。

 

調べたとこら、どうやらメキシコ料理のなかでは

味噌汁的な立ち位置らしいフリホーレスレフリトス。

どうりで高確率だったわけだ。

日本食における味噌汁がでてくる確率と思うと、ものすごく腑に落ちます。

 

日本にも食べられるメキシコ料理屋さんをさがして行ってみようかなーと思います。

食べたことある!!

というひとがいたら全力で喜ぶので教えてください。

 

あとパナマの若者はみんなめちゃめちゃいい奴でした。

 

みじかい小説「川」

 土手に座って川を見ていた。用事があるわけではなかった。ただ川を見るために川へ来たのだ。


 川のすぐ近くで喧嘩をしている男女がいる。どちらもトランペットのような楽器を持っていて、向かい合って立ち、吹き鳴らしている。片方が吹いている間は片方は吹かずにじっと聞くというのがルールのようだ。セッションでなく喧嘩だとわかるのは、音に起伏があり、まるで喋っているかのように聞こえるからだ。


(あなたはいつもそうやってごまかすよね!)

(はあ? ごまかしてないよ! お前こそ話を複雑にしようとしてるだろ)

(なにそれ? してませんけど?)

(してるだろ、もっとちゃんと話し合おう)


 実際はトランペット的な楽器の音なのだが、こういう風に喋っているかのように聞こえてくる。かなり大きな音を出していることもあり、二人とも息切れ気味だ。それなら直接喋った方が効率が良いのではないかと思う。


 喧嘩は終わらない。僕は川を眺めている。川の雄大さの前ではなにも隠せないような気がしてくる。今までにあったいろいろなことを反省してみる。普段なら思い出しただけで憂鬱になってしまうような過去の失敗も、川を見ながらだと落ち着いて原因や対策を考えられる。


(いい加減にしてよ! わたしは悪くないんだってば)

(あー言ったね。全部俺のせいだと思っているんだろ)

(そうとは言ってない)

(でもそういうことだろ? お前のせいじゃないってことは俺のせいだ)

(ねえそのお前っていうのやめて)


 とはいえ、なにも考えずにぼーっと川を眺めている時間の方が長い。いまもそうしたいのだが、トランペットのようなものを持った二人の喧嘩は白熱して来ている。なんのことで揉めているのか全くわからない。しかし二人のトランペットのようなものによる話の内容からして、お互いに罪を押し付けあっているのは確かだ。誰かが仲裁に入らねばなるまい。

 

 僕は大正琴を持って立ち上がった。

 

(きのこ)

 

 

いーから皆舞城王太郎とか読んでみろって。

舞城王太郎を知っていますか? 1973年に福井県今庄市で生まれたこと以外は、パーソナルなことがなにも分かってない覆面作家です。4度の芥川賞の候補となり、131回の「好き好き大好き超愛してる」では、山田詠美池澤夏樹から推される一方、石原慎太郎からはタイトルを見ただけでうんざりしたと評されたなど、賛否の別れやすい小説家です。

 
しかし、まあわざわざ取り上げるぐらいだから分かってもらえると思うけど、ぼくは「賛」側の人間です。ふとした時に舞城が読みたくなります。このブログはAmazonとの癒着しているので、もちろんkindleで読みたい。ほいで、検索したところ、kindleで読める舞城作品を全部買うと、なんと3万弱も掛かる!! ぼくの時給は5京ですが、なるべくなら日々の出費は抑えたい。

 
なので、自分が本当にお気に入りな作品に絞っていったところ、全5作品になったのでこれはブログで紹介するのにちょうどいい! 読書が好き、石原慎太郎が嫌い、ラノベぽくても大丈夫、そんなあなたにも、そうでない君にも、おれが舞城を教えてやる!!!

 
さて、1つ目はこれ。

 

煙か土か食い物 (講談社文庫)

煙か土か食い物 (講談社文庫)

 


この作品でメフィスト賞を取り、デビューしました。福井県西暁町という架空の田舎町で起きた連続主婦殴打生き埋め事件に自分の母親が巻き込まれたことをきっかけに、サンディエゴで腕利きの外科医として活躍していた奈津川四郎が事件を調査するという物語。ミステリとハードボイルドを混ぜたような作品です。

 
舞城の特徴である極端に改行が少ない、脳内の思考でリズムを刻むような文体はこの頃からすでに確立しています。

 
舞城作品で何度も舞台となる西暁町はともかく「奈津川」「ルンババ12」など後々の作品でも登場するので、その辺を留意して読むといいかも知れません。

 

次!

 

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

好き好き大好き超愛してる。 (講談社文庫)

 


前述の芥川賞候補になった作品。打って変わって恋愛小説です。小説家の主人公と、その恋人で故人の柿緒の物語と、全く別の世界のSF的な物語が交互に綴られるというちょっと変わった形式。

 

これが泣けるんす! 死んでいったものに対して、残された人間はどう生きるのか。愛とは。誠実さとは。そんなことが書かれているようないないような。いいから読め!

 

kindleと文庫版にはカップリングの「ドリルホール・イン・マイ・ブレイン」が載っていないので注意してください。「ドリルホール~」はやりたいことを描くだけ描いて、そのまま打ち切りになってしまった少年漫画みたいな近距離パワー型の小説。今回は紹介していない作品でも、そういうのはちょこちょこあって、いい加減にしろ舞城王太郎と思うが、許す。すべて許す。

 

3作目!

 

みんな元気。

みんな元気。

 
スクールアタック・シンドローム (新潮文庫)

スクールアタック・シンドローム (新潮文庫)

 

 
短編集。kindle、文庫版では「みんな元気。」と「スクールアタックシンドローム」の2冊に分けられました。何でだろ。両方薄いのに。

 

舞城の考える家族愛が詰まっています。あと、舞城を語る上で欠かせない要素である「バトルに近いコミュニケーション」や、映画的な演出を感じさせる描写も見逃せません。まあそれって「煙か土か~」にも言えることなんですけど、ミステリやハードボイルドというギミックが無い分、ストレートに感じられていい感じです。

 

まだまだいくぞ!

 

ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日〈上〉 (新潮文庫)

 
ディスコ探偵水曜日(中)(新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日(中)(新潮文庫)

 
ディスコ探偵水曜日〈下〉 (新潮文庫)

ディスコ探偵水曜日〈下〉 (新潮文庫)

 

 
いい加減にしろ! 長ぇーんじゃ!! とイラつくファンも多いと聞く、現時点で舞城王太郎最長の小説です。この時期、クソ長い小説が流行ってたんですが、それに乗ったか乗らずか、1000ページ超えてます。「煙か土か~」と同名の登場人物や、今回紹介していない作品のキャラも現れ、ミステリ、SF、暴力、愛といった重要ファクターもてんこ盛りで、前期舞城王太郎の集大成といっていいでしょう。

 

間違いなく面白いのだけど、これから読むのは1ミリもオススメできない、ある意味上級者向けの1作です。

 
最後!

淵の王 (新潮文庫)

淵の王 (新潮文庫)

 


先ほどの「ディスコ~」以降、徐々に作風にオカルトじみた要素が目立ち始めた舞城が本格的にホラーを書いた作品です。ぞくぞくする感じのホラー。「バトルのようなコミュニケーション」をしても分かり合えないなにかとは、超常的な存在そのものではないのか。以前から漠然とあった、舞城にとってのディスコミュニケーションを形にした作品かもしれません。 


本作、語り手がかなり独特で、主人公を見守る誰の目線で物語が進んでいきます。一人称なのに三人称みたいな。客観的でありながら主観的という絶妙なバランスが取れた描写と、淡々と一定のスピードで怖くなっていく展開に震えろ~~~♡♡♡♡ 


以上! これさえ読めば、君も舞城通! あーでも、とにかく走りまくる「成雄シリーズ」とか、トリビュート、あるいはコラボ作品なのにまごう事なき舞城作品である、「九十九十九」「JORGE JOESTAR」とか、おれが舞城と出会った作品ゆえに思い入れのある「阿修羅ガール」とか、他にも面白い作品はいっぱいあります。ぜひぜひ読んでみてください。初心者には「好き好き大好き超愛してる」がおススメです!

 


(だっくる)

ねこに好かれたい

ねこに好かれたい。


夜中の散歩コースにねこが出る。飼われているねこなのか野良のねこなのかはわからない。首輪をしていないから野良なのかもしれない。

ねこは複数いる。たぶん三匹いる。三匹に共通していることは全くわたしになついてくれないことだ。


もうたぶん10回くらい会っているが、すぐにさっと逃げられてしまう。

わたしはそんなにねこの扱いに慣れているわけではないので、いっぱい触らせてほしいとまでは思わない。そんな贅沢は言わないので、ちょっと遠くから見られればいいのだ。それすらねこは許してくれない。身持ちの固いやつらだ!


猫に触ることのできる場所を一箇所知っている。猫カフェだ。猫がたくさんいて、入場料だけでは見向きもしてくれないけれど、有料のおやつササミを買うと猫がガンガン寄ってくるという重課金システムになっているおそろしい店だ。


しかしそれは猫だ。ねこではない。飼い慣らされた猫などねこではないのだ!!


いや別に猫でもいいんだけど、ねこも猫もかわいいから猫でもいいんだけど、食べ物を介在しないと成り立たない関係って不潔ではないですか?


と言ってから、猫対人の関係だけでなく、人間同士の恋愛的なものにも食べ物って絡んでくるよなと思った。デートってカフェとか遊園地とか映画とかだから(想像力が貧困で三つしか思いつかなくてすいません)どれも食べ物が売っている場所だ。

じゃあ別に不潔じゃない。訂正します。


でもその辺にいるねこに餌をあげるわけにはいかない。飼い主がいるかもしれないし、野良であっても誰かが餌の管理をしている可能性がある。


じゃあどうやったらねこはわたしを好いてくれるのだ!


というわけで、ねこに詳しい吉村さん(仮名)に聞いてみた。


ねこに詳しい吉村さん(仮名)によると、まず距離の取り方らしい。ほどほどの距離感で舌を鳴らしたりして興味を引くことだそうだ。

ほどほどの距離感まで持っていくには、うまいこと速くもなく遅くもない速度で近づくことらしい。


つまりちょうどいい感じでやるのが一番いいということだ。

それがわからないから! こちとら苦労しているのだ! 吉村(仮名)よ!


------


ねこの話の途中ですが、合間に、いま気がついたことを挟みます。


好きな人のタイプって聞かれると困りませんか?

人間の特徴を一言で言いあらわせるわけがないし、好きになった人が好きな人なのだから、そのとき好きな人の特徴を言うしかない気がします。


いや、もしかして、それって当たり前なのかもしれないですね。

みんなそのとき好きな人の特徴を言うというのが当たり前で、身内の中では、ああ、あの人ね、なるほど、となるという楽しいやつだという可能性はないですか。

もしかしてそういうやつなんじゃないか?


わたしは昔よく恥ずかしくて「微生物」とか答えていたのですが、その文脈だとものすごいめんどくさいやつだなと思いました。


それだけです!!!


--------


吉村さんがあんまり役に立たなかったので、インターネットで調べたら二秒で結論が出ました。

https://nekochan.jp/cat/article/603

こうするといいそうです。

 

(きのこ)

『50回目のファーストキス』を観て、ハワイに住みたくなった話

たまにはブログっぽく映画の話でもしようと思います。

 

ハワイの映像に惹かれて足を運んだ映画、

50回目のファーストキス』は勇者ヨシヒコの福田監督が撮ったラブストーリーです。

 

短期記憶障害を題材にしながらもコミカルに仕上げている、

ハワイと長澤まさみの魅力があふれんばかりの作品。

あと山田孝之がイケメン役やってるの久しぶりに見た。

(数年前にダイヤモンドヘッドに登ったときの写真を引っ張り出してみた)

 

最近、歳のせいか映画館にいくと疲れてしまうことが多いのですが、

50回目のファーストキス』は監督流の笑いが挟まれていたおかげで、

ヨシヒコ好きの私は苦なく見ることができました。

キャストもいわゆる福田組なので、安心して見られる感じ。

 

そして観た人の70%くらいの人が感じると思うのですが、

とてつもなくハワイに住みたくなりました。

 

物心がつくまえにハワイにいくことが多かったためか、

ハワイに行くとなんだかホッとします。

社会人になってから久しぶりにハワイを訪れたとき、

その空気に「うわ、懐かしい」と思ったほどです。

 

特にワイキキの夜の雰囲気が幼いわたしには印象的だったようで、

オレンジ色の街灯の光のなかにヤシの木が並び、

ブランドショップやお土産店が賑わっている光景に、

ものすごいノスタルジアを感じました。

 

あと風の強いよく晴れた日の朝もハワイを思い出しますね。

 

幼馴染もハワイ大好きであっちで結婚式をあげたのですが、

式のあとに同じく「やっぱり住みたい」と考えたようで、

諸々調べたところ、その難易度の高さに落ち込んでいました。

 

「物価が高いのに仕事は少なく給料も安い」

というのが一番の難点らしいです。

 

そりゃ難しそうだな、と私は自分で調べもせずに受け売りで思いました。

 

こんなかんじで、どうやったらハワイに住むことができるのか?

いつか空からそんなチャンスが降ってこないかな、と思いつつ、

引き寄せの法則を信じてこんなブログを書いてみました。

 

あと長澤まさみになりたいな、と思いました。

おわり。

 

(紬)