やだんこ!

共通点があったりなかったりする者同士で更新するWeb同人誌です

140字小説を1ヶ月続けてみてわかったこと

こんばんは、紬です。

 

とつぜんですが。

 

ここ1ヶ月ほど、

「毎日140字小説を書いてみよう」プロジェクトをやっていました。

1人で。こつこつと。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、

140字小説とはその名の通り、

ツイッターの文字数制限である140字で超短編小説を書くことです。

こんな賞が催されていたこともあった模様。

atohs.hatenablog.com

 

なぜそんな無茶なことをしだしたのか?

 背景をご説明します。

 

まず私の悩みとして

 

・飽き性で困っている

(好奇心旺盛なのだが、新しい趣味に数か月で飽き、また別のことを始める)

活字中毒で、自分でもなにかしら文章を書きたいのに、長いものが書けない

(文章を書こうとすると長いものが求められる傾向がある、気がしている)

 

というものがありました。

 

さりげなくずっと悩んでいたこのふたつ。

そろそろなんとか解消したい! と

うんぬんとぼんやり悩むこと数か月。

 

飽き性克服のために読んだ『没頭力』という本からも

ヒントをもらったりして、

なんとかかんとか自分の長所を掘り出し、

じゃあどうしたらいいか、を考えてみました。

 

<長所>

・ブランクはあっても、読むことと書くことはずっと好き

・短編なら短時間でばばばっと書くことができる(量産ができる)

・風景や日常描写が好きなので、ネタはそこかしこに落ちている

・褒められるとばかみたいにやる気が出る

 

<じゃあどうするか>

Twitterの140字小説なら毎日かけそうだし、リアクションもわかりやすそう

・飽き性克服にもなりそう

一石二鳥だ! よし、やってみよう!

 

となったわけです。

 

こんな流れで作ったアカウントがこちら↓

twitter.com

フォローリムーブご自由に。

 

はじめたのが11月21日。

無事昨日で1ヶ月たったので、

ブログで感想を書いてみようと思った次第です。

 

それではどうぞ。

 

まず、書くときに意識したこと

自分が書きたいことを書く

文章に限らずですが、

性格的に「ウケるものによせる」傾向があり、

ほっておくと他の方の人気作を勉強し、

こういう作風がいいのかな? とやりだします。

 

はい、こざかしいですね。

 

今回はそれは一切排除し、

「自分がいいとおもったもの、書きたいもの」

に集中するようにしました。

 

規模は意識しない

せっかくならいろんなひとに見てもらいたい!

ほめてもらいたい!

何かを作るうえで、もちろんこういう欲求があります。

が、今回はそれも横に置きました。

 

あまり派手なことをしたりして注目を集めても疲れるし、

そこに焦点をあてるとすぐ気持ちがぶれるからです。

 

小規模でもいい、とにかく地道に続けよう。

その精神を貫き通しました。

 

おかげで楽しかったです。

 

全体をとおして

いいねやリツイートなどのリアクションははげみになる

小規模でいい、とかっこつけながらも

やはり見てくれる方がいるのはめちゃめちゃうれしかったです。

1個のいいねでテンションがすごくあがる。下手すると泣く。

いや本当にありがとうございます。

 

切り取る場面が細かいほど、文章力と着眼点が求められる

居酒屋のなかでことこと音をたてている鍋だとか、

清流の上に落ちていく枯葉だとか、

荷物を待っているときのドキドキ感だとか、

こういう細かい題材が大好き。

 

大好きなんですが、派手さがない分、

けっこう本気出さないと難しかったです。

いや、本気出しても難しかったです。 

 

文章そのものについて

「なにげない」風景のなかにある物語を「控えめに」描くのが一番好き

こんなシンプルな自分の嗜好をしみじみ実感できました。あとは以下。

 

・夕暮れからそれ以降の時間帯がやたら好き

・夕暮れの描写も好き。グラデーションを使いたがる。

・料理やらお風呂やら、日常がもたらすあたたかさも好き

・日常のなかに「幸福」を浮かび上がらせたくなる

 

心の折れ具合 ~やっぱり毎日は大変だった~

・1週間を過ぎたころからややだれる

これ以降定期的に心が折れるようになる

 

・21日目あたりから本格的にだれる

でも不思議とやめようとはおもわなかった。

 

・23日目から新しい作風にチャレンジ

会話劇や心情描写に「むずかしい……」となる。折れる。

 

・29日目、ネタ切れ。友人からネタをもらう

というか、何気ない発言からヒントをもらう

 

・31日目、基本に戻って風景からの妄想描写。楽しい。

反応がいいほうだった。うれしい。

 

これから

けっこう楽しかったので、まだまだ続ける気でいます。

 

毎日のなかにひとつフックというか、

習慣が増えるのが癖になった。

それが好きなこと(文章を書く)だったのでなおさらですね。

 

書く時間を決めるとか、

テーマを固定してみるとか、

余裕がでてきたらいろいろやってみたいこともある。

 

心が折れた時には、やだんこメンバーに愚痴ろうと思います!

 

それでは。

 

足の遅い亀は弱い? 『血界戦線』最高というお話

そうだ レオナルド君 一つだけ認識を改め給え
君は卑怯者ではない
何故ならまだ君は諦めきれずにそこに立って居るからだ
いいか
光に向かって一歩でも進もうとしている限り 人間の魂が真に敗北する事など断じて無い(『血界戦線』1巻「魔封街結社」より)

  

人は弱い。俺も弱い。起きなきゃいけないのに寒さに負けて布団から出られない朝がある。やめなきゃいけないのに酒に手が伸びてしまう夜がある。
 
だから強さに憧れる。じゃあ、強さって何だろ? 
 
そして『血界戦線』を読み返す。どのエピソードも素晴らしいんだけど、俺が一番好きなのはやっぱり第1部の最終章「妖眼幻視行」。
 
大好きなレオが一番追い詰められるエピソードだ。
 
**
 
レオ史上最大のピンチを迎えて、俺が最初に思ったのはこうだ。
 
ザップこの役立たず! 「いつもいじめてくるけど実は面倒見が良くてピンチの時にはなんだかんだ助けてくれるキャラ」じゃねーのかテメーは痴話喧嘩で仲間の窮地に気付かない間抜けは一生腰振ってろ!
 
汚い言葉だけどこれが最初に感じた、素直な怒り。
 
あれもこれもぜんぶ伏線で、へそ曲がりで横暴だけど兄貴分のザップが真っ先に駆けつけてくれんだろ、とタカをくくってたところがあった。でも来ねーんだこれが。だーれも、抜き差しならない局面に到達するまで気付かねーんだ。
 
あれだけ厳戒態勢を敷いといて、なんなら全員がその決定的瞬間に立ち会いながらも、誰一人、レオの窮地に気付けない。なぜか? 彼の見えてる世界と他の人の見えてる世界が違うから。文字通り。
 
でも、結局、レオを一番ナメてたのは俺だったんだ。
 
**
 
血界戦線』の舞台はヘルサレムズ・ロット。かつてニューヨークだったその街は、一夜にして異界の入り口に変貌した。
 
異形が闊歩し混沌が支配するこの街では、何気なく犯罪が重ねられいともたやすく命のやりとりがなされる。まともな人間は寄り付かない魑魅魍魎の街。
 
レオは、ある日突然、妹の視力と引き換えに与えられてしまった“神々の義眼”という(望まない)チート能力を駆使して、その眼を返還してでも妹の視力を取り戻すため、そのトチ狂った街に潜入してきた。
 
彼が接触したのは、そんな狂気の街でも“いつ破れるとも知れぬ均衡を守るために”暗躍する秘密結社ライブラ。
 
血界戦線』は、ライブラの活躍がおおよそ1話完結型で綴られる熱血少年漫画だ。
 
**
 
血界戦線第1部の最終章「妖眼幻視行」。こっからはネタバレ注意ですぞ。
 
レオは一貫して物語の語り部だった。神々の義眼を押し付けられ“見届ける”役を仰せつかったからだ。
 
心優しきレオによる、血で血を洗う悪夢の街、ヘルサレムズ・ロットの観察記。
 
それは、足が悪くて車椅子で、その上なんの脈絡もなく視力を奪われた妹・ミシェーラへの手紙という形で綴られてきた。
 
ライブラの構成員はバケモンじみたやつらばっか、いわば全員ジョーカーみたいな手札が揃ってる。
 
他人の視界を盗んだり彼にしか視えないものを視たりっていうチートを持っているとは言え、やっぱりジョーカーには劣る、レオはせいぜいジャックとかそのあたりだと思ってた。
 
何度も世界を救ってきたライブラにおいて、作戦の要になる時もあるけど、それもたいていは後方支援で、荒事を解決するのは周りのジョーカーたち。
 
RPGで言うと、パーティーには欠かせないけど単体での攻略は不可能なシーフくらいの位置付け。シーフを貶めるわけじゃない、パーティーにおける決められた役回りでしかない。
 
レオは神々の義眼を保有してるがゆえにライブラにとってかけがえのない存在だけど、語り部で、シーフだった。
 
だから、回想という形じゃなくて、レオの妹が初めて、しかもよりによってレオと同じ神々の義眼保有者を引き連れて現れた時に、俺は小賢しくもこう思った。
 
神々の義眼というチート能力が相殺されてしまった時、レオはなんて無力なんだろう、と。
 
その優位性が奪われたら、後はチビで貧弱な、心優しい生身のレオしか残らない。
 
だから、ザップ何やってんだこの間抜け! はよ助けに来い! と罵りたくなった。肝心のとこで助けに来なくて何が兄貴分だ!と。
 
でも違った。レオの覚悟をナメてた。
 
いざって時に声が出なくて一歩も動けなくて、足の悪い妹に視力さえ差し出させるようなレオを心のどこかで俺は責めてた。運命の分かれ道で「奪うなら私から奪いなさい」と妹に言わせてしまう兄を、どこかで侮ってた。
 
一生分背負った後悔も、その先の人生を捧げる覚悟も、ずっと描かれてきたのに。
 
レオもまた、不退転の意志をもった騎士だった。歩みは遅いけど、一歩ずつ前に進む。妹も、ライブラのメンバーも、はじめから見抜いてた。
 
何を見てきたんだろう俺は。レオが臆病者なわけがないのに。わかってたつもりだったのに、勝手に物語における役割を決めつけてしまってた自分の了見の狭さに腹が立った。
 
きっとレオは立ち向かっただろう。もし神々の義眼を持ってなかったとしても。
 
レオは助けられるべき存在じゃなかった。足が悪くて目が見えないミシェーラも、守られるだけの存在じゃなかった。
 
たった2人の兄妹で立ち向かった彼らが、自らを助けることでまたしても世界を救った。
 
知ってますか?
亀はその構造上後ろに下がる事が出来ないんだそうです。
昔これを聞いた時真っ先に兄を思い浮かべました
足がすくんで動けなかったり途方に暮れて立ち尽くしてもこの人は絶対に逃げない
うずくまってじっと耐えていつかまた歩き出す
私の亀の騎士<ナイトオブトータス>。(『血界戦線』10巻「妖眼幻視行」より)

 

血界戦線』に登場するのは、バケモノじみてるけど不器用だったり性格が歪んでたりクソ真面目すぎたりする構成員と、不撓不屈の意志を秘めた青年だ。
 
姫を守り抜いてボロボロになったレオが入院してる病室で、ライブラのリーダー・クラウスが彼にかける言葉のあたりで、恥ずかしながらいつも俺の涙腺はぶっ壊れる。
 
**
 
内藤泰弘にも謝らなければいけない。俺は内藤泰弘もナメてた。
 
内藤泰弘が『トライガン』を描き終えて、次に連載を始めたのが『血界戦線』。
 
トライガン』ていう名作を生み出しただけでも、内藤泰弘は一生褒め称えられ語り継がれるべき功績を残した。
 
血界戦線』連載開始当時、御年42歳。さすがに『トライガン』は超えられないだろうと思ってた。俺はここでも間違いを犯してた。
 
俺のナメた予想をやすやすと超えて、内藤泰弘は最高傑作を更新してくれた。今も『血界戦線 Back 2 Back』でそれを更新し続けてる。
 
良き読者でありたいと思うけど、油断すると偏見だの決め付けだので俺の目は曇ってしまう。
 
(語弊があるけど)たかが漫画を読むにあたってもそうなんだ。いわんや現実においてや、だ。
 
「光に向かって一歩でも進もうとしている限り」。クラウスの1巻でのセリフが思い出される。10巻を読むまで、ほんとのところ、俺にはその意味がわかってなかった。
 
強いっていうのはどういう心のあり方だろう。最近はよく10巻を読み返してる。
 
月並みだけど、俺はやっぱり負けないことだと今は思ってる。
 
負けないこと。不撓不屈の魂。現実にはそんなものはほとんど存在しない。強くなくていい時もある。でも、だからそれがとても眩しい。
 
 
 
無限大

ラインスタンプ作ってわかったこと

星が、降りしきる、ペントハウスで……。うっす、だっくるっす。

 

吹けば飛ぶようなクソザコ派遣社員であるところのおれは、なんとか副収入を得たいと考えていました。そんなとき、森もり子さんがラインスタンプでくっそ儲けたという話を思い出しました。これだと思ったおれは早速文房具屋に走り、STAEDTLERの鉛筆とサインペン、そしてクロッキー帳を買ってイラストを40パターン書くことにしたのだ!

 

とはいえ、森もり子さんのスタンプが3週連続でランキング1位をとったのももう何年も前の話。最早ラインスタンプなんてレッドオーシャン甚だしい訳です。でも、単純に自分のイラストをラインスタンプにするって楽しそうだなって趣旨が代わり、あとSTAEDTLERの鉛筆とサインペン、クロッキー帳を3億5千円かけて買ってしまったのであとに引けなかったから、制作に移ることにしました。

 

まず、どんなラインスタンプがあるのか調べてみました。基本的にキャラクターものが多いようですね。今は写真も使えるのでウィンナーとか「どう使うんじゃ……」というのもありました。手書きの文字のやつとかもあったなー。あんまりなのは審査に通らずに公開することができないこともあるようですが、そのへんの基準はよくわかりませんでした。

 

作るんなら使ってほしいと思ったので、無難にウケそうなキャラクター系、それも可愛らしいラインを狙いました。あと、やっぱり敵が少なそうなところがいいかなと思い、なんとなく食べ物系にしてみました。それがぞうのうどん屋さん、ぞうどんです。

 


f:id:lkinako:20181112184850j:image

 

あしたのジョーに出てくるマンモス西っていう、減量中にうどんを食っちゃうような憎めないやつがいるんですが、それから着想を得ました。猫とか犬とか強敵がいそうなところを避けたことが功を奏したのか、公開直後は割と上位に!(めちゃくちゃ知り合いにダウンロードしてもらった組織票の力もあります) 

 

制作は、紙にペンでぞうどんを書き、それをスマホで撮影してパソコンに取り込み、フォトショで色を付けるといった流れで行いました。スキャナ、あるいはペンタブがあればもっと簡単に作れるでしょう。最近はスマホアプリでも絵をかけるので、ダルさを我慢すれば誰でも作れる環境にあると言えます。

 

だるいで思い出しましたが、以下の点が鬼のようにダルかったです。

・サイズはW370、H320以内(かつ偶数でないと駄目)

・ファイル形式はPNG

勢いで夢中になって作っていたので、段取りも悪かったと思います。とにかく辛かった。なぜおれはこんなことをしてるのか。どうして人は争うのか。どれだけの善行を積めば、来世は武田玲奈のような美少女になれるのか。こういったことが何度も頭をよぎり、22/7というアイドルが可愛い子揃いだなと気づいたりしました。

 

ちょっと順番が前後しますが、ぞうどんのパターンを考えるときは、他のスタンプを参考に「挨拶系」「リアクション系」「シュール系」などに分けて考えていきました。特にシュール系は、実際に石原さとみさんや蒼井優さん、ビル・ゲイツさんやブライアン・ボイターノさんとLINEをするときにもよく送られてくるので、欠かせないと思いました。ぞうどんでも4点ほどシュールを意識して作りました。

 

なんて分析してる感出しましたが、「ありがとう」がなかったり、逆に「えっ!」というリアクションだけ3種類もあったり、アンバランスなラインナップになってしまいました。ふつうに気づかなかったのです。また、どのパターンがよく押されているのか、統計を見るのことができるのですが、自分の思惑通りには行かず、リリースから10日たっても誰も使ってないものもありました。

 

あ、そうです。どのパターンがよく使われているのか、データを見ることができるのです。これ、結構楽しい。宇垣美里さんとアニソン縛りでカラオケに行ったときに少し劣るくらい楽しい!!

 

じゃあ、ぞうどんスタンプでどんなものがよく使われたのか? を書こうと思いましたが、長くなったので次回にします。私なりに分析しながら書いていくつもりです。では。

 

あ! 忘れてた! ぞうどんのスタンプはこちらからDLいただけます! 初回の反省を踏まえた2もあります!(こっちのほうがかわいいの多め)。よろよろのおねおね!

https://line.me/S/sticker/4675947

https://line.me/S/sticker/5336952

 

『大恋愛』、第四話の詰め込み感

毎週そわそわしながら見ている『大恋愛』

第四話はリアルタイムで見れました、紬です。

今回もネタバレしません。
 
 
ひきつづき浮世離れした世界観は楽しめたんですが、
どうにもこうにも詰め込みすぎ感が気になってしまいました。
 
どうやらドラマの第一章が終わるから、
大きな展開が続けて起こったらしいのです。

しかし、ここでその展開をすると、
 
この物語の本質がどっかいっちゃわない?!
イケメン風ムロがまじで大した男じゃなくなっちゃうよ!!
あとで巻き返すとわかってはいても!!
 
とドライヤー片手にうなっておりました。
 
『大恋愛』に限らず、
1クールもののドラマで章分けするの、ちょっとこ無理がないですか?
そう思うの私だけ?
 
ご都合主義展開、仕方ないとはおもいつつも、
これまでのテンポが好きだっただけに、
第四話は「う、うーん……」という感じでした。
 
といいつつ続きは見るんですけどね。
わくわく。
 

はじめての宝塚『サンダーボルト ファンタジー』体験記

ついに……ついに行ってきました、宝塚!
 
いってみたいなーでもチケットとれなそうだなールール多そうで怖いなー」
と二の足を踏むこと10年以上。
 
友人に誘ってもらい、
「異次元武侠ミュージカル『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー
東離劍遊紀(とうりけんゆうき)』」
という公演に行ってまいりました。
 
どんな内容かというと、こんな感じです。
 
・台湾公演のライブビューイング
まどマギなどでおなじみ、虚淵玄原作
正確には台湾の昔からあるお話の虚淵玄版といったところらしい)
 
くわしくはこちら。
 
いやーーー感動しました。
あらゆる方向性から「うっ……(涙)」となりすぎてまとめきれないので、
箇条書きでざざざっといきますね。
 
虚淵玄×宝塚という異文化コミュニケーション
 
あのダークサイドに落ちやすい虚淵玄の物語を
どうやってあのキラキラした宝塚が舞台化するのか……?
とドキドキしながら劇場に足を運びました。
 
主人公である凜雪鴉(りんせつあ)は、
敵なのか味方なのかつかみどころのない、なんとも怪しい役どころ。
なんとなくまどマギのキューべーを彷彿とさせます。
 
この 凜雪鴉を星組トップスターの紅ゆずるさんが演じられていたのですが、 
これがとってもいい……。
 
どこまでも飄々とした凜雪鴉がふと見せる、眼光鋭い腹黒そうな表情。
これがとってもいい……。
 
こういう狂人、よくアニメでは見るけど、
まさか宝塚で見るとは……!
これが異文化コミュニケーション……!
ここまでくるともう何次元なのか……!
と胸が高鳴ると同時に、なんだかとっても感慨が深かったです。
 
■もはや台湾との文化交流なのですね
 
台湾での宝塚公演は数年前から
何度か行われていたらしいのですが、
今回も台湾の方向けに行われるショーがもりだくさん。
※宝塚は劇が終わった後に、歌ありダンスあり寸劇ありのショーが行われます。
 
「望春風」という台湾の代表的歌謡曲
紅ゆずるさんが中国語で歌われたり、
 
台湾出身のビビアンスーが日本で歌っていた「タイミング」を
トップの女役の綺咲愛里さんが歌われたり……。
 
これは台湾のファンからしたら感涙ものだろうな!
というサービス精神たっぷりのショーでした。
 
■紅ゆずるさんの存在感がすさまじい
 
ライブビューイングということで、
画面越しの観劇だったにもかかわらず、
劇でもショーでも紅さんの存在感がすさまじかったです。
 
とくにショーの見どころでは、
世界が紅ゆずるさんになる
とでもいいましょうか。
 
圧倒的なパフォーマンスでこちらに迫ってくるので、
正直あんまり細かいことは覚えていません。
 
存在そのものに気を取られてしまった感じです。
 
もともとは下から二番目の成績での入団だったそうで、
トップスターになるとは誰も予想していない中、 
腐らずにひたすら努力をされてきた方とのこと。
 
今回も激務のなかで、
中国語の歌を披露できるよう猛勉強したという
涙なしでは聞けないエピソードつきです。
 
これはトップになるのもうなずける。
完全に推せる。
とただのファンになったのでした。
 
■おわりに
 
新しい世界を知ったな……
そして入り込んでしまったな……
というのが今の素直な感想です。
 
ひとまず宝塚関連の書籍を読み漁っている今日この頃。
 
ガチでハマるのかここで踏みとどまるのか……。
ご興味のある方は続報をお待ちください。
 

結婚式のBGMの決め方

私ごとながら、先日結婚式をしました。分かっていたことだけど、準備が多い! 自分自身のことを、式にはぜんぜんこだわりがない方だと思っていたのですが、「せっかく来てもらうんだから……」と思うと、結果としてすべてに力を入れていました。

 

で、意外と難航したのが、式のBGMです。こんなもん、好きな曲を流せばいいと思うじゃないですか。でも、原盤つまりCDがあるやつじゃないと使えないと言われてしまったため、式場が持っているor自分たちが持っている曲から決めることになって、まず出鼻を挫かれた。普段聞いているのは配信やストリーミング、レンタル、あるいはパソコンに取り込んで処分してしまったものばかりなのでね。

 

また、CHONとかAlabama Shakesとか、いいバンドだけどみんなが知ってるとは言えないやつはかけにくいという点にも苦しめられました。ここちょっと盛り上げたいなってところでは、曲の良さだけでなく知名度も重要だからです。

 

どれもいいけど、どれもダメ。BGM選びってそういう禅問答みたいなところがあると思います。かみさんとああだこうだ言いながら2週間ぐらいかけて曲を決めて行きました。

 

結婚式 BGMで検索すると、データベースのようなものはヒットします。が、紹介されている曲が好みじゃない。自分的にはほとんど役に立ちませんでした。

 

逆に重宝したのが、下記サイト。

スタジオラグへおこしやす - 人と音楽をつなぐWebマガジン。ミュージシャンやクリエイターがあなたに役立つ情報をお届けします。

 

式の時期であった夏に合う曲や、ぼくたちの年代的にハマる曲など、このサイトで見つけたものも多かったです。つーか、このサイトを使えるって言いたくて、今回の記事書いたようなもん。

 

まー、そこそこいい感じで盛り上がったと思います。とにかく緊張しててそこまで察する余裕がなかったとも言える。皆さんも結婚式のBGMを決める際、活用したらいいんじゃいかな!それじゃ、2回目の結婚式があったら、また会いましょう。

 

 

 

『大恋愛』第三話、ラストシーンに悶え打つ

 
こんにちは。
だんだんドラマウォッチャーみたいになってきた紬です。
 
ちょっと浮世離れした雰囲気が楽しい『大恋愛』、
第一話第二話につづき、第三話の感想エントリです。
今回もネタバレしません。
 
いやーもう、
前回のエントリでですね、
「話の流れは完全に予想通り」と書いたかと思うんですよ。
 
たしかに物語展開はほぼすべて予想通り。
100あったら99はテンプレート。
でも残りの1が……!
 
「はいはい、テンプレテンプレ」と、
斜に構えながらも、キャラに引き込まれ、
ときめきながら見ていたら、
 
ラストシーンでたいへんな落とし穴をつくってきましたよ…!
 
そしてそれが同時に、
主題であるアルツハイマーの本質を、
じわっと訴えかけてくるこの感じ。
 
「おおお……」と声が出ました。
来週もどきどきしながら見ることになりそうです。
 
あ、
余談ですが、
松岡昌宏のお見合い相手に、
阿佐ヶ谷姉妹がでてきて爆笑しました。
人選が絶妙。
 
おわり。