やだんこ!

共通点があったりなかったりする者同士で更新するWeb同人誌です

『枕元の本棚』(津村記久子)- GWに読んだもの

GWにあわせてKindleで各社セールをやっており、ほいほい買ってしまっております。紬です。

 

そんな出だしで恐れ入りますが、本日はセール関係なく買った津村記久子さんの『枕元の本棚』について書いてみようと思います。

 

わたしは津村記久子さんが大好き。

日常の思考回路だけならほぼほぼ私なんじゃいか?

とおもっていた時期がたしかありました。(失礼すぎる)

 

そんな津村記久子さんの読書エッセイということで、大切に読み進めております。

 

あいかわらず毒にならずに薬のみになる本のピックアップと、たまにものすごい毒をおりまぜた淡々とした紹介文が秀逸です。

 

日々を大切に生きなさい、という言葉は、本当に聞き慣れた凡庸な物言いである。そんなこと言ったって、わたしもみんなもくそ忙しくてそんな暇はないんだよ、雑に生きながら、明日に自分の体を届けるっていうだけでもう死に物狂いなんだよ、セールストークだか優越感のためだか知らないけど、軽々しくそんなことを言って追いつめないでくれ。そう反発したくもなる。ひねくれた視点かもしれないけれども、日常に手間暇をかけすぎることは、有閑と裏表の関係であるようにも見える。きれいごとにかこつけて、物やサービスを売りつけようとしてくる人、「大切に生きていない人」を諭すことによって何かを奪い取ろうとする人。日々を楽しむ「余裕」の裏には、有象無象の思惑が渦巻いている。(『枕元の本棚』(津村 記久子 著)より

爆笑した「ものすごい毒」

 

なにがいいって、図鑑も紹介してくれるところですね。

『エピソードで読む 世界の国243』を紹介した下記のくだりが大好きでした。

 

大きな国土の国も、小さな島も、あらゆる国と地域がほぼ平等にページ数を割かれて説明されているところである。たとえばヨーロッパだと、フランスやドイツと同じだけの比重で、モンテネグロアンドラが語られる。この本を読んでいると、その構成そのものから、国や民族や文化には貴賤はないんだなと思えてくる。」(『枕元の本棚』(津村 記久子 著)より

すごく津村さんっぽい表現。

 

貴賎だとかヒエラルキーだとか、そういう小さなことにすぐとらわれてしまうので、こういう視野の広いものに定期的に触れるようにしています。

 

しかしなかなか心は広くなりません。

 

日々修行だなって思います。

 

そしてこの本を読んでいて、なにより気になったのが『秘密結社の手帖』(澁澤龍彦

 

さっそくKindleで買ってみたので並行して読んでいます。

澁澤龍彦の淡々とした文体と、秘密結社の在り方のギャップがじわじわきます。

 

読み終わったら感想を書いてみようとおもいます。どきどき。

 

(紬)