やだんこ!

共通点があったりなかったりする者同士で更新するWeb同人誌です

『大恋愛』、第四話の詰め込み感

毎週そわそわしながら見ている『大恋愛』 第四話はリアルタイムで見れました、紬です。 今回もネタバレしません。 ■過去記事はこちら 第一話: 『大恋愛』、我を忘れる恋愛がしたい - やだんこ! 第二話: 『大恋愛』第二話、育ちの良い戸田恵梨香がまぶしい…

はじめての宝塚『サンダーボルト ファンタジー』体験記

ついに……ついに行ってきました、宝塚! 「いってみたいなーでもチケットとれなそうだなールール多そうで怖いなー」 と二の足を踏むこと10年以上。 友人に誘ってもらい、 「異次元武侠ミュージカル『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト ファンタジー) 東離…

『大恋愛』第三話、ラストシーンに悶え打つ

こんにちは。 だんだんドラマウォッチャーみたいになってきた紬です。 ちょっと浮世離れした雰囲気が楽しい『大恋愛』、 第一話、第二話につづき、第三話の感想エントリです。 今回もネタバレしません。 いやーもう、 前回のエントリでですね、 「話の流れは…

『大恋愛』第二話、育ちの良い戸田恵梨香がまぶしい

こんにちは。紬です。 前回のエントリに引き続き、 ドラマ『大恋愛』について思うままに書こうの巻、 本日は第2話です。 ※ネタバレしません。 第2話はテレビの前にスタンバイし、 リアルタイムで視聴。 もう話の流れは完全に予想通りだし、 これがあーなって…

『大恋愛』、我を忘れる恋愛がしたい

たまには短いブログをば。 ムロツヨシが恋愛ドラマに挑戦! で話題になっている『大恋愛』第一話、見ました。 タイトルどおりの運命的な『大恋愛』的展開、 ムロツヨシの「こういうモテる男、いる!!」の演じっぷり、 なんか全体的に歯の浮くセリフやシーンの…

『半分、青い』がけっこう好きだった話

おひさしぶりです、紬です。 本日は朝ドラについて、 お話してみようと思います。 お題はこないだ最終回を迎えた『半分、青い』。 家にテレビのない期間が長かったこともあり、 大人になって初めてまともに見た朝ドラだったと思います。 そんな個人的記念碑…

アンナチュラルを観たらリーガル・ハイについて語りたくなった日記

いまさらながら観ました、アンナチュラル。 話題になってた頃から気になってはいたけど、ようやく観た。 ものすごく面白い。 いまわたしは石原さとみになりたい最盛期です。 そんなわけで、これはすごいドラマだ……と感動していたら、 なぜか自分史上いちばん…

フリホーレスレフリトスが食べたい、の巻

いや、あっついですね。 みなさんお元気ですか。紬はポカリとお友達です。熱中症には気をつけたいところですね。 ところでフリホーレスレフリトス、というペーストをご存知でしょうか。 メキシコ料理についてくる、あんこみたいな見た目の豆のペーストです。…

『50回目のファーストキス』を観て、ハワイに住みたくなった話

たまにはブログっぽく映画の話でもしようと思います。 ハワイの映像に惹かれて足を運んだ映画、 『50回目のファーストキス』は勇者ヨシヒコの福田監督が撮ったラブストーリーです。 短期記憶障害を題材にしながらもコミカルに仕上げている、 ハワイと長澤ま…

おっさんずラブ・ロス

梅雨ですね、紬です。 くせっ毛がいつもよりぼわっとなる季節です。 さて、少し前までネットを騒がせていた深夜ドラマ『おっさんずラブ』、 わたしもご多分に漏れずハマっていました。 どんなドラマかというと男三人プラスαの純愛を描いた物語です。 最初は…

『枕元の本棚』(津村記久子).2- GWに読んだもの

今回も津村記久子さんの『枕元の本棚』の話をさせてください。 はい、同じ本で二回目の感想を書こうとしています。紬です。 決して手抜きではありません。 (一回目の記事はこちら) 『枕元の本棚』は津村記久子さんセレクトの本を紹介してくれるエッセイ。 …

『枕元の本棚』(津村記久子)- GWに読んだもの

GWにあわせてKindleで各社セールをやっており、ほいほい買ってしまっております。紬です。 そんな出だしで恐れ入りますが、 本日はセール関係なく買った津村記久子さんの『枕元の本棚』について書いてみようと思います。 わたしは津村記久子さんが大好き。 …

【旅かえる】あとはハイテクテントだけ

旅かえるシリーズもだいぶ増えてきましたね。紬です。 ゲーム内のアイテムもあと手に入れてないのはハイテクテントのみ。 なぜハイテクテントを後回しに……? と思われた旅かえるユーザーもいらっしゃるかもしれません。 理由は簡単で、 幸運の鈴も手に入れ「…

このミス第1位の『屍人荘の殺人』をおすすめしたいひと(ネタバレしません)

先日、やだんこメンバーにて第二回読書会をしました。 課題図書は『屍人荘の殺人』。 重厚な雰囲気を醸し出す装丁の、本格ミステリです。 『屍人荘の殺人』は『このミステリーがすごい!2018年版』第1位、本屋大賞で3位などなど、多くの賞に選ばれていた作品…

【旅かえる】に飽きずにいられるのか、の続報

こんばんは、この旅かえるシリーズが地味に人気でちょっとうれしい紬です。 さて、今回はかえるの浮気疑惑の続編です。こちらの記事でも触れました。 lkinako.hatenablog.jp あの女(ねずみ)以降も、蝶がでてきたり、蟻がでてきたり、かえるの浮気疑惑は絶…

【旅かえる】幸運の鈴とは、いったい

こんばんは、紬です。 さっそくですが『旅かえる』、飽きてきました。なかなかこんな報告するブログもないと思うんですが、これには理由があるのです。 『旅かえる』には「幸運の鈴」という3000本の三つ葉でようやくゲットできるレアアイテムがあります。ご…

親の期待に応える、にもいろんなパターンがある話

こんにちは、紬です。 Amazonプライム・ビデオで『彼氏彼女の事情』のアニメがあって、うわーぁ、なつかしい! とおもって見ました。 見栄のためだけに努力し尽くす主人公雪野は、THE朝ドラヒロインが跋扈する当時の少女マンガ界ではかなり革新的で「なんか…

できないことをまとめてみる(紬)

こんにちは、紬です。 ・郵便物をすぐに開封できる人・開封した郵便物をすぐに処理できる人(請求書とか)・電話をかけるのが苦じゃない人このあたりは本当に才能だと思う。つらくてしょうがない。あるだけで脳のリソースを消費するし、やろうとすると胸がザ…

携帯がとまった

携帯がとまったので日記を書こうと思います、紬です。 諸事情あって携帯を使えなくなったので、これが「デジタルデトックスか……」と思いながら半日過ごしました。 携帯のない日常の中の非日常を活用しよう! と思い立ち、やったことをあげていきます。 ・洗…

あざとい俳句 7

だれかのためのビジネスホワイトデー 少し間が空いてしまいました。 すっかり春。 これはあざといのか腹黒いのか (紬)

【蜜蜂と遠雷】違いのわかる女になりたい

こんにちは、紬です。 だっくるさんときのこたそが読書会記事をあげてたので、私もあげようと思います。すでに書かれていますが『蜜蜂と遠雷』を読みました。恩田陸さんですね。 恩田陸さんは美少女・少年が集う箱庭物がとっても好きです。一番好きなのは『…

【旅かえる】その女(ねずみ)、だれ……?

こんばんは、紬です。 友人のかえる(屋久島に行っておみやげが水だったやつ)が衝撃の写真を旅先から送ってきたらしいので、ご報告です。 「わたしが支度してあげた荷物(てぬぐい)を他の女(ねずみ)が使ってる……!」 という一言つきでラインが送られてきま…

あざとい俳句 6

肌じたく春の眠気に紙せっけん あざとさとは……? 花粉と仲良くなりたいです(´-`).。oO (紬)

【旅かえる】かえってくると嬉しいものを考える

こんにちは、紬です。 先日、放置系ほのぼのゲーム『旅かえる』について、 ヤンデレ彼女視点で見ると楽しいのでは? と書きました。 lkinako.hatenablog.jp しかし『旅かえる』仲間が少なすぎるので、もっと広めよう! と思い 同僚にこの話をしたところ、す…

あざとい俳句 5

切れましたくちびるの端春の夜 あざとさの迷宮いり…………。 (紬)

デザインあ、だるまがりんご飴みたいだった

NHKEテレの「デザインあ」を見てみた。 隠れた人気番組だということは知ってたけど初見で、今回は大人向けらしく、だるまをつくる工程が映されていて感動した。あの独特な顔は職人さんによって筆で描かれていたし(当たり前か)、赤い染料に浸されたあとのだる…

あざとい俳句 4

指紋つき海月ひらひらドレスみたい 季節違いでごめんなさい。 また雪がふるという。 (紬)

ヤンデレ彼女気分を味わえる『旅かえる』

こんにちは、紬です。 突然ですが、ゲームは基本簡単なものしかできません。モンストとかグラブルとか頭がまわりません。キャンディクラッシュやねこあつめが大好きです。 そんな私、ねこあつめの会社がつくった『旅かえる』でさいきん遊び始めました。 いわ…

あざとい俳句 3

春ちかいみんなに会えるのうれしいな 本日のあざとい俳句です。 ちょっとあたたかいですね。 (紬)

あざとい俳句 2

雪の結晶朝ごはんはバナナです 雪でしたね。 本日のあざとい俳句です。 なんと今回もいただきものです。あざとい。 (紬)